supported by アット通販

プラセンタで生理の悩みが解決!生理痛やPMSを和らげる

プラセンタにはさまざまな効果があり、多くの女性が悩む生理トラブルの解消にも役立ちます。生理痛や貧血に加えて、生理前のPMSも和らげてくれるのです。

このページでは、プラセンタが生理痛やPMSに効くメカニズムを解説。次に、プラセンタを摂取して生理不順が起こる理由も見ていきましょう。最後に、生理の悩みに使えるプラセンタ療法として、プラセンタ注射やサプリのメリット・デメリットを紹介します。

プラセンタで生理痛・PMSなどが緩和される

プラセンタは、つらい生理痛やPMSの緩和に役立ちます。プラセンタには、乱れたホルモンバランスを整えたり、血流を改善したりする効果が期待されています。これらの効果によって、生理痛やPMSを和らげると考えられるのです。

ホルモンバランス調整で生理痛やPMSを和らげる

プラセンタにはホルモンバランスを整える作用があるため、生理トラブルにも有用と言われています。生理痛に関係するホルモンと、プラセンタの作用について見ていきましょう。

生理痛やPMSの原因はホルモンの減少

生理痛やPMSの原因はいくつかあります。特に、「メラトニン」「プロラクチン」という2つのホルモンの分泌量が減ると、生理痛やPMSが悪化するとされています。

メラトニンは、睡眠や生体リズムの調節に関係するホルモンです。メラトニンは光の刺激が少ない夜間に分泌されます。そのため、生活習慣が乱れて夜でも明るい場所に長くいると、分泌量が著しく低下します。そして、メラトニンはプロラクチンの分泌を促進する作用を持つので、メラトニンの分泌量が減るとプロラクチンの分泌も減ります。

プラセンタがホルモンバランスを整える

プラセンタは、内分泌系に作用し、ホルモンバランスを整えると考えられます。

体内にあるホルモンは、内分泌器官から分泌されています。生理痛やPMSに影響する、メラトニンとプロラクチンも同じです。プラセンタは特定のホルモンを増やすわけではないので、この内分泌器官に働きかけるのではないかと考えられています。内分泌の偏った状態を調整し、ホルモンが正常に分泌されるように働きかけてくれます。この作用により、生理痛やPMSが和らぐのです。また、ホルモンバランスが整うので、生理不順だった人も正常に戻るでしょう。

血行促進や造血の作用で生理痛を軽減

プラセンタには血行促進や造血の作用があります。これにより、生理を原因とする下腹部痛や頭痛、貧血などを和らげます。

血行促進で痛みの元凶を排出

プラセンタは血行を促進し、痛みのもととなる「プロスタグランジン」の排出を助けます

生理中に分泌されるプロスタグランジンには、経血を体外に出す役割があります。プロスタグランジンが分泌されると子宮が収縮し、血行が悪くなったり、痛みが強まったりします。これが、生理中の下腹部痛や腰痛、頭痛などの原因となるのです。そして、血流が悪くなることで、痛みの元凶であるプロスタグランジンが胎盤のなかに留まります。プラセンタを摂取すると血行が改善されるため、胎盤で滞ったプロスタグランジンが排出されやすくなるのです。そのため、生理痛が軽減され、痛みが長引くのも防げます。

造血作用で貧血を改善

プラセンタには造血作用もあるので、生理中の貧血を改善できると考えられます。

生理になると毎日多くの血を失うため、貧血が起こりやすくなります。必要な出血とはいえ、体内の鉄分が流れ出てしまうので、鉄欠乏性貧血が起こるのです。貧血の症状は、立ちくらみや脱力感、疲労感などです。プラセンタを摂取することで、足りなくなった血液が補われ、これらの症状が改善されます。

プラセンタで生理が遅れたり早まったりする理由

プラセンタを摂取して生理が早まったり遅れたりする理由は、一時的にホルモンバランスが変化するからだと考えられます。

プラセンタを摂取すると、基本は乱れていたホルモンバランスが整います。しかし、いままでのホルモンバランスから変化が起こるため、一時的に体調も変化するのです。その際、生理が来ない、または長引くなどの不調が現れるのではないかと考えれます。生理が早まる、不正出血が起こるといった不調も、ホルモンバランスの変化が起こっているからでしょう。つまり、生理周期が整えられる前段階で、身体が少しびっくりしているような状態です。

とはいえ、プラセンタの摂取を続けていくと、生理不順や不正出血は治まるので、気長に待ちましょう。プラセンタが体質に合わない場合も考えられますが、少なくとも1カ月は様子を見て判断するのがおすすめです。

生理の悩みにはプラセンタ注射やサプリ

生理痛やPMS、生理周期の乱れにプラセンタ療法を用いる場合、その方法は大きくわけて2つあります。1つは、医療機関でプラセンタ注射を受ける方法です。もう1つは、市販されているプラセンタのサプリやドリンクを飲む方法です。それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

プラセンタ注射のメリット・デメリット

プラセンタ注射は治療の効果が高い分、手間やコストがかかります。

医療機関では、ラエンネックやメルスモンと呼ばれるプラセンタ製剤が用いられます。いずれも厚生労働省に認可された薬剤で、安全性と効果はお墨付きです。また、注射で血管に注入するので、効果が現れるまでの時間が短いところがメリットです。デメリットは、定期的に医療機関に通わなければいけない点、コストが高い点です。

プラセンタ注射は、金額をあまり気にせず定期的に通院できる人、生理痛が重い人に適した治療法と言えるでしょう。

プラセンタサプリやドリンクのメリット・デメリット

プラセンタサプリやドリンクは手軽に飲める反面、生理の悩みに対する即効性には欠けます。

成分の配合量や組み合わせは商品によって異なりますが、いつでもどこでも飲めるという点で共通しています。そのため、使い勝手が抜群で、日々の習慣として続けやすいのがメリットです。しかし、健康食品ゆえに即効性は低く、飲みはじめてすぐに生理痛が緩和されるとは言えません。

プラセンタサプリやドリンクは、生理痛が軽めで、ゆっくりと体質を改善していきたい人向けの手段と言えるでしょう。

まとめ

プラセンタは、ホルモンバランスの調整により、生理痛やPMSの症状を和らげます。加えて、血行促進や造血の作用もあり、生理による頭痛や貧血といった症状も改善されるのです。

本来なら、プラセンタはホルモンバランスを整えるため、生理不順の改善に役立ちます。しかし、プラセンタを摂取すると、生理が早まったり遅れたりなどの不調が生じる場合もあります。これは一時的な症状であり、プラセンタの摂取を続けると治まるので、心配はいりません。

生理トラブルにはプラセンタ注射やサプリ、ドリンクなどを使ってみましょう。より症状が重く、しっかりと治療したい場合は、医療機関へ通ってプラセンタ注射を受けるのがおすすめです。手軽にゆっくりと体質を改善したい人は、プラセンタサプリやドリンクを飲んでみるとよいでしょう。