supported by アット通販

プラセンタのバストアップ効果!胸の張りや痛みが出る理由も解説

プラセンタには、バストアップの効果が期待されています。プラセンタを摂取すれば女性ホルモンが増え、胸が大きくなると考えている人も多いのではないでしょうか?実際には、プラセンタは女性ホルモンを増大させる成分ではなく、ホルモンバランスを調整してくれる成分です。そのため、プラセンタはバストアップのサポートをしてくれる成分と考えるとよいでしょう。

このページでは、バストアップに影響するプラセンタの効果や作用を詳しく解説。次に、バストアップのためにプラセンタを使いたいとき、おすすめの摂取方法を紹介します。最後に、プラセンタで胸が張る、胸が痛くなるといった症状が起こる原因も見ていきましょう。

プラセンタのバストアップ効果について

女性の胸は、女性ホルモンの働きによって大きくなります。しかし、プラセンタには女性ホルモンはほぼ含まれていません。プラセンタには、女性ホルモンを補充する役割ではなく、ホルモンバランスの乱れを整える働きが期待されています。

プラセンタに含まれる女性ホルモンは微量

プラセンタには、胸の発達に関わる女性ホルモンはほとんど含まれていません

女性の胸は、女性ホルモンであるエストロゲンの作用で大きくなります。エストロゲンは、女性らしい丸みのある体型を作るために欠かせないホルモンです。このエストロゲンを増やすことで、バストアップにつながるのです。しかし、プラセンタはホルモン剤ではないので、エストロゲンは微量しか含まれていません。

プラセンタはホルモンバランスを整える

プラセンタには、ホルモンバランスを整える効果があり、バストアップにも役立つ可能性があります。

プラセンタは、内分泌系に作用し、ホルモンが分泌されるバランスを保つと考えられます。胸を大きくするエストロゲンはほぼ含まれていませんが、足りないホルモンを補ってくれるのです。エストロゲンが不足して胸の発達が遅れているなら、プラセンタでバストアップが叶うかもしれません。また、プラセンタにはアミノ酸などの栄養が豊富に含まれており、バストアップに必要な栄養素を補えます。

これらの内容から、プラセンタを摂取しても、劇的にバストアップできるとは言えません。しかし、バストアップを望む人に対し、良い影響を与えると言えるでしょう。

プラセンタでバストアップするときの摂取方法

プラセンタには、ヒトや豚、馬などの哺乳類から抽出した種類があります。摂取方法は注射やサプリ、クリームなどさまざまです。

プラセンタの種類

プラセンタは、主に以下の動物から抽出されています。

  • ヒト

この中で、ヒトプラセンタは医療用の注射剤として扱われています。ヒトプラセンタは、人間の体質への馴染みやすさや効果の高さにおいて、ほかのプラセンタよりも信頼できます。

サプリや化粧品のなかでは、馬由来のプラセンタがおすすめです。馬プラセンタに含まれるアミノ酸の量は、豚プラセンタの1.2倍だと言われています。アミノ酸は、胸を形作るタンパク質のもとなので、バストアップには欠かせない栄養素です。

プラセンタの種類や特徴について、詳しくは以下の記事を参照してください。

プラセンタとは「胎盤」のこと!4種類のプラセンタを紹介

注射・サプリ・クリームのどれかで摂取する

バストアップに使えるプラセンタとして、主に以下の摂取方法が挙げられます。

  • 注射
  • サプリ
  • クリーム

リストのなかで、効果の面で優れているのは注射です。プラセンタ注射は医療機関で行われており、効果や安全性に信頼がおけます。体内の組織に栄養を素早く取り込めるのも、プラセンタ注射の強みです。

サプリやクリームは、手軽に摂取できるのがメリットです。しかし、医薬品ではないので、強い効果は期待できません。効果があまり感じられない場合、サプリとクリームを併用してみるとよいでしょう。

プラセンタで胸が張る・痛くなる原因

プラセンタを摂取したタイミングで、胸が張る、胸が痛いと感じる場合があります。ただ、直接の原因は、プラセンタを摂取したからではありません。プラセンタの摂取により、女性ホルモンのバランスが一時的に変化し、乳腺が刺激されたことが原因と考えらます。

プラセンタを摂取するとホルモンバランスが一時的に変動する

プラセンタを摂取すると、ホルモンバランスが一時的に変動することがあります。

この変動は、自立神経やホルモンバランスが整う過程で起きることです。その影響で、胸が張ったり、痛みを感じたりといった症状があらわれる場合があります。しかし、これは、ホルモンのバランスが崩れた状態から、正常な状態に戻す過程において起こる現象です。決してプラセンタが体に悪影響を及ぼしているわけではありません。

胸の張りや痛みは副作用ではない

プラセンタの副作用に、胸の張りや痛みは報告されていません。国内で報告された、プラセンタが原因と思われる副作用は以下の通りです。

  • アトピー性皮膚炎の悪化
  • 薬剤性の肝機能障害
  • 接触皮膚炎
  • 全身性斑状強皮症(皮膚が固くなる状態)

プラセンタの副作用には、胸の張りや痛みに関するものはありませんでした。しかし、医薬品やサプリ、クリームなどは、どれを使っても副作用が起こる可能性はあります。あまりにも胸の張りや痛みがひどいなら、使用を中止しましょう。

まとめ

プラセンタは、バストアップを目指す人に良い影響を与えます。プラセンタ自体に女性ホルモンはほぼ含まれていないので、劇的なバストアップは望めませんが、ホルモンバランスを整えてくれます。女性ホルモンが足りていない人でも、正常なホルモンバランスになることで、バストアップが望めるのです。バストアップのためにプラセンタを取り入れるなら、注射やサプリ、クリームといった摂取方法があります。

プラセンタを摂取すると、まれに胸の張りや痛みが起こる場合があります。これは、ホルモンバランスが変動することで一時的に起こる症状なので、あまり心配する必要はありません。胸の張りや痛みがひどい、なかなか治まらないという場合は、プラセンタの使用を中止しましょう。