supported by アット通販

プラセンタのシミへの効果・原液は濃度の高いものを選ぶ!

プラセンタは、シミを消す効果があると言われています。シミを完全に消すのは困難ですが、プラセンタの作用によってシミを防げる可能性があります。また、プラセンタによって継続的にケアしていくと、既存のシミも徐々に薄らいでいくでしょう。

このページでは、プラセンタがシミや肝斑、そばかすに効果を発揮するのかを解説します。また、プラセンタの化粧品で注目される、原液が含まれた美容液についても紹介。最後に、「プラセンタでシミが濃くなってしまうこともあるの?」という疑問に答えます。

プラセンタのシミへの効果

シミができる原因は、ターンオーバーが乱れてメラニンの色素沈着が起こることです。プラセンタは、ターンオーバーを促進することで、シミができにくい状態を作ります。また、既にできているシミも薄くなっていきます。

シミの原因は肌のターンオーバーの乱れ

シミができる原因は、肌のターンオーバーの乱れによる色素沈着です。以下のような流れでシミが生まれます。

  1. 紫外線などの刺激を受けて表皮に活性酸素が発生
  2. 基底層にあるメラノサイトが皮膚を守るために活性化
  3. メラノサイトがメラニンを作り出す
  4. メラニンによって肌が黒くなる
  5. ターンオーバーが乱れてメラニンの排泄が遅れる
  6. 色素沈着してシミになる

肌は紫外線などの刺激から身を守るため、メラニンを生み出します。本来なら、メラニンはターンオーバーによって排泄されます。しかし、ターンオーバーが乱れると排泄が遅れ、色素沈着が起こってしまうのです。このように、メラニンが残って色素沈着してしまい、シミとなります

プラセンタはシミの予防と対策に効果的

プラセンタは、シミができるのを防ぎ、既にあるシミも薄くなるよう働きかけます。

プラセンタは、シミの原因となる活性酸素の働きを抑制します。メラニンの生成を抑え、新たなシミが生まれるのを防ぐのです。

また、プラセンタには、ターンオーバーが整うよう促す働きがあります。ターンオーバーが正常に行われることで、メラニンが排出されていきます。そのため、色素沈着してしまったシミの色が少しずつ薄らいでいくのです。

プラセンタの肝斑やそばかすへの効果

肝斑やそばかすもシミの一種ですが、原因は少し異なります。肝斑は、プラセンタのホルモンバランスを整える効果により、改善できる可能性があります。そばかすは遺伝的な要因が強いので、プラセンタのみで消すのは困難ですが、悪化は防げるでしょう。

肝斑を薄くする効果が期待できる

プラセンタによって肌を良好な状態に保つことで、肝斑の改善が期待できます。

肝斑とは、30代から40代の女性に多くみられるシミの一種です。一般的なシミとの違いは、頬に左右対称な色素斑が広がるところです。肝斑が生まれる原因は、女性ホルモンのバランスが乱れることだと考えられています。女性ホルモンのバランスが乱れることで、メラニンが生まれるのです。

プラセンタは、ターンオーバーの促進に加え、女性ホルモンのバランスを整える力を持ちます。そのため、プラセンタの化粧品やサプリは、肝斑の改善を助けてくれるでしょう。

そばかすの悪化を防ぐ

プラセンタだけでそばかすを消すのは困難ですが、悪化は防げます。

そばかすは、頬や鼻の周りにできる細かいシミです。一般的なシミと異なるのは、遺伝的な要因が強いことです。そのため、プラセンタを使っても、完全には消えません。

しかし、プラセンタによって肌のターンオーバーを促進すれば、色素沈着が防げます。この作用により、そばかすの色が濃くなったり、数が増えたりするのは防げると考えられます。そばかすは大人になると薄らいでいくので、若いうちに悪化させないよう、プラセンタでケアするとよいでしょう。

シミのケアにプラセンタ原液を使う

プラセンタの原液は濃度が高いため、少量でも有益な成分が多く含まれています。そのため、シミへの効果が高いと言われているのです。プラセンタ原液の美容液だけでは効果が感じられないなら、サプリメントも併用してみましょう。

プラセンタ原液の美容液の選び方

プラセンタ原液は、基本的に美容液に使われています。原液をそのまま肌に塗ることで、シミを改善する高い効果が期待できるのです。

しかし、「プラセンタ原液」という表記には規定がなく、製品によっては水や他の成分が加えられていることもあります。成分表示などをよく見て、プラセンタの濃度が高いものを選びましょう。信頼の置けるメーカーで、質が高い製品を選ぶのがおすすめです。

原液の美容液とサプリメントを併用

原液の美容液だけではシミがなかなか消えないなら、プラセンタサプリメントも併用してみましょう。

美容液は肌に直接塗れるので、ピンポイントでシミに働きかけてくれます。サプリメントは体の内部から働きかけるので、美容液とは別の角度からアプローチしてくれるのです。そのため、併用すればより高い効果が期待できるでしょう。

特に、肝斑をケアしたいなら、体内からホルモンバランスを整えられるサプリメントがおすすめです。

プラセンタで逆にシミが濃くなることはない

シミを消したくてプラセンタを使っているのに、逆にシミが濃くなるケースもあると言われています。しかし、プラセンタにシミを濃くする作用はありません。これは、くすみが消えて肌のトーンが明るくなったことで、残ったシミが目立っているだけです。また、紫外線など、肌への刺激を減らすことも大切です。

周りの皮膚のくすみがなくなったからシミが目立つ

プラセンタを使っていてシミが濃くなったと感じる理由は、周りの肌色が明るくなってシミが目立っているからです。

プラセンタを使っていると、乱れていた肌のターンオーバーが整いやすくなります。そうすると、肌のくすみが減り、全体が明るくなっていくのです。しかし、シミは簡単に消えるものではないので、その過程でも残ってしまいます。つまり、シミ自体の色が濃くなったわけではなく、周りの肌色と比べて錯覚しているのです。

ここでプラセンタの効果を疑って、ケアをやめないでください。ケアを続けていくと、ターンオーバーが整い、シミは目立たなくなっていきます。

紫外線など肌への刺激を防ぐことも重要

プラセンタだけでシミの改善を図るのではなく、紫外線への対策も欠かさないでください。スキンケアを続けてシミが薄くなったとしても、紫外線などの刺激によって再び悪化する可能性があります

また、スキンケアの際に強く塗り込んだり、マッサージをしすぎたりといったことも刺激になります。洗顔やスキンケアは、できるだけ優しく行いましょう。

まとめ

プラセンタは、乱れたターンオーバーを整える作用があるので、シミを改善する効果が期待できます。プラセンタは、ホルモンバランスを整える作用により、肝斑にも効果を示すと考えられます。そばかすは遺伝的な要因が強いため、プラセンタのみでの改善は困難です。しかし、そばかすの悪化を防ぐ効果は期待できます。

シミを消したいなら、プラセンタ原液やサプリメントを活用してみましょう。プラセンタを使っても、シミが濃くなることはありません。シミは簡単には消えないので、すぐに効果を感じられなくても、ケアを長く続けてみてください。